ブックタイトル知的資産経営報告書

ページ
22/36

このページは 知的資産経営報告書 の電子ブックに掲載されている22ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

知的資産経営報告書

4.当社の知的資産と価値創造ストーリー 組織資産●生産管理システム活用による充実した工程管理を 行っている●不適合品処置報告書による不適合品の改善を 行っている人的資産●厳格な品質管理と体系的入荷整理ができる社員がいる●共栄会社との人脈を持つ社員が多くいる関係資産●小回りが利き品質が高い共栄会社との強い信頼関係がある●大手企業への人材派遣により高い技術力を習得している業 務 部三方よしの精神のなか、利益を創造する大きな役割に応えることができる部門を目指します。3 つの資産の改善を行い、「トレードオフ」の関係にあるQCDの優先順位をコントロールできる総合力を身に着け、邁進していきます。三方よしの精神にて、以下の活動を通して共存共栄を実践してきました。【過去から現在】組織資産●人材、設備(測定器)を増強する●QCD、IE(インダストリアル・エンジニアリング)教育を実施する●第3工場稼働を活用する人的資産● 個人スキルU Pで工程リードタイムを圧縮する●発注・受入、原価管理の多能化を図る●価格交渉力をアップする関係資産●共栄会社の新規開拓と信頼関係をアップする●共栄会社との技術交流によるQCD改善を行う【これからのミタチを築くため】・後工程への、安定した品質で安定供給・仕入れ価格の低減活動(一括発注など)・キャッシュ・フロー改善活動・経営資源として、新規共栄会社を増やす活動と強い信頼関係の構築活動- 22 -