ブックタイトル知的資産経営報告書

ページ
26/36

このページは 知的資産経営報告書 の電子ブックに掲載されている26ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

知的資産経営報告書

6.今後の事業展開と外部環境 自動車の生産予測は、新興国での需要拡大やハイブリッド車、電気自動車、水素自動車の開発等により、さらに生産量は増えると見込まれています。その都度、新規設備や技術開発が必要とされ、システムを構築させていく必要が今後益々必要とされてきます。またロボットやAIを組み込んだロボット市場も今後、大きな成長が見込まれます。その成長分野にもシステムを構築していく技術が必要になります。設備コストの低減を含めた、品質の高いものづくりを提案していくことで今後も我々の企業価値を高めていけるものと考えております。外部環境(FA事業部) 【自動車の生産台数の予測】【ロボットの出荷生産額と日系のシェア】100009000800070006000500040003000200010000産業用(輸出)産業用(国内)生産台数(万台)2502001501005002010 2015 2020 2025 2030 2035 2040 2045 2050(年)水素自動車電気自動車ハイブリッド車(プラグイン含)ガス車ディーゼル車ガソリン車01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14出荷額(億円)更に伸びると予測されます日系外資系17.6%82.4%- 26 -