ブックタイトル知的資産経営報告書

ページ
3/36

このページは 知的資産経営報告書 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

知的資産経営報告書

社長から皆様へ技術と共に進化する【第2創業期をむかえて】 1965年に3名で立ち上げたミタチは100人を超える社員を抱えるまでに成長し、このまま順調に発展していくかのように思えましたが、2008年のリーマンショックから経営環境は大幅に悪化し、2010年には経営破綻寸前まで追い込まれました。 2011年に村山雅隆が3代目社長として経営再建を託され、全社員と共に経営改革を推進し、奇跡的なV字回復を果たすと同時に同族会社から社員持ち株会社へと 経営権を移し、『家業から企業』へと当社は大きく変貌しました。 そして、2017年1月には事務所棟の増築、2月には第3工場の建築が完成し、『第2創業期』としてスタートを切りました。 これからは『100年企業』を目指して、社員が自分の会社と胸を張って言える会社として発展させ、つないでいく必要があります。 これが次に担うものの役割になり、これからは全てがつなぎの役割になります。 この報告書の中には素晴らしい社員が大勢います。その社員の力を合わせることで未来を創造し、力強く成長していきます。 エンジニアリング会社として、価値を創造し具現化させ、顧客に期待以上の製品を提供することで我々自身も日々変化・進化していきます。 『 人として、そして人の為に 』 本書を通じ、皆様に当社の変化を感じ取って頂き、今後とも一層のご支援、ご協力を頂ければ幸いです。   株式会社 ミタチ    代表取締役  清水 雅文1.はじめに- 3 -